介護は近年、介護を受けなければ生活出来ないという高齢者の人数も増加傾向にあります。しかし、その一報で介護職員が不足しているという状況が発生しています。何故、高齢者は増えているのに対して、それをサポートする介護士が少なくなっているのでしょうか。これらは、全国的な問題としても新聞などメディアに取り上げられるほどの問題となっています。改善作にもついて考えてみましょう。

介護職員が少なくなっているのは、労働賃金問題が多くなっていると言われています。労働力に対しての単価が低いというような認識になってきています。しかし、これをカバーする為に、国は処遇改善という形で、介護職員への報酬を上げるように実施しています。ただ、この報酬の金額を設定するのは、あくまで介護施設や介護事業所となるために、全国的な平均金額もまちまちです。

しかし介護の世界での賃金が低いという理由で去るのであれば、それ以上に自分自身も頑張って周囲から認められる存在になるという努力も必要です。資格を習得したからそれだけでいいと満足するのではなく、自分自身のスキルアップを常に頭にいれておき、毎日の介護のケアを通してレベルを向上させるのも必要になってきます。

介護の世界とは